CYCARRIERAI主導型セキュリティオペレーションセンター
CYCARRIER

従来のMSSPやSOCでも、迅速にアラートを発することは可能です。しかし、誤検知への対応や、その後のセキュリティ調査、とくに根本原因解析については、非効率的で、リソースも時間もかかりすぎるのが現状です。

CyCraftは、世界トップレベルのAI主導型サイバーセキュリティシチュエーションセンターを構築。当社の特許技術であるAIアナリストと、トップレベルのセキュリティエキスパートチームのコラボレーションにより、常に最新のセキュリティ分析を提供。ハッカーに隠れる余裕すら与えません。

すべてのエンドポイントデータを収集し、ひとつにまとめて解析することで、セキュリティチームは、遠隔によるフォレンジックが可能になります。CyCarrierのインターフェイスは、さまざまな情報が視覚化され、直感的なセキュリティ管理が可能。企業内のセキュリティ脅威を素早く把握し、最新のAIとエビデンスに基づき、各事例の発生状況を自動的に分析します。 AIエージェントのコンテキスト推定により、マルウェアアソシエーションマップ(ファイル照会)、プログラム行動アソシエーションダイアグラム(コールグラフ)、攻撃コンテキストチャート(ラテラルムーブメント)、そして、侵入事例タイミングダイヤグラム(ストーリーライン)などを自動生成。ワンランク上のセキュリティ管理を実現します。

積極的な脅威ハンティング

Xensor、Cybertotalを統合することで、社内外の情報を結集し、最新の脅威を積極的に特定することができます。

フォレンジック調査事例の概要

当社の状況認識テクノロジーにより、フォレンジック環境や複雑に絡み合う脅威行動の全体像を、容易に把握でいます。

多元的な脅威分析

根本原因解析、攻撃シーケンスダイアグラム、事例タイミングダイアグラムなど、相互に関連した情報を多元的に分析することで、迅速かつ正確に脅威に対応できます。

主な機能


  • セキュリティ状況認識の視覚化
  • インテリジェントなAI分析
  • オートマティック事例分析
  • コラボレーション型調査とチーム管理
  • MSSP/SOCチームの効率性の向上
  • 脅威分析レポートの迅速な生成(HTML、PDF、STIX、YARA、SNORTなどに対応)
  • 日本語/英語/中国語版レポートに対応