サイバー脅威監視・リスク管理自動化プラットフォーム

情報セキュリティチームの新メンバー

CyCraftは、長年蓄積してきたセキュリティインシデントに関する大量のデータと調査経験を基盤とした最先端の情報セキュリティ技術を応用し、AI分析技術を搭載した新世代セキュリティソリューション「XCockpit – サイバー脅威監視・リスク管理自動化プラットフォーム」を開発しました。

AI-Assistant-as-a-Serviceをコンセプトに構築されたこのプラットフォームは、ハイブリッドAIとアルゴリズムを最適に組み合わせ、EDRエンドポイントセキュリティ、AD特権アカウントセキュリティ、EASMなど、企業情報セキュリティの3大側面を同時に管理分析可能です。独自のAI技術により、インシデント発生時の自動調査とアラートの相関分析、根本原因分析、チケットの自動管理機能を提供し、インシデント発生時に第一線のSOC担当者が迅速に処理を行えるようサポートします。

「XCockpit」は、セキュリティスコアやリスクスコアをダッシュボード画面で提供することで企業のセキュリティ態勢を定量化し、AI大規模言語モデルがそれぞれのケースの詳細を日本語で説明することで、セキュリティの専門知識のない担当者や企業の最高セキュリティ責任者(CISO)がいつでも状況を確認、把握できるようになり、セキュリティチームの作業効率を高め、企業のセキュリティ強靭性を強化します。

FAST / ACCURATE / SIMPLE / THOROUGH

FAST

ACCURATE

SIMPLE

THOROUGH

アカウント・セキュリティポスチャー管理

AIによる特権アカウントの影響度分析、攻撃パスの予測、企業内アカウントの特権境界を調査。

エンドポイント・セキュリティ管理

エンドポイントの脅威とAD特権アカウントのアクティビティを監視し、よく見られる攻撃手法を検出、攻撃の前兆をリアルタイムに特定します。

外部攻撃サーフェス管理

外部からの攻撃サーフェスを視覚的に確認し、外部に公開されたサービスや資産を継続的に管理することで、企業セキュリティの脆弱性を把握します。

主な機能

  • 攻撃パス予測:AIによるAD特権アカウント影響度分析を行い、攻撃パスを予測し、リスクとなるアカウントを見つけ出します。
  • 脅威の前兆を監視:エンドポイントの脅威監視と同時にAD特権アカウントの権限変更アクティビティを監視し、様々な攻撃手法を検出。早期に攻撃の前兆に気づくことができます。
  • 外部リスクの把握:企業の攻撃サーフェスの視覚的な分析、外部に露出したサービスやデジタル資産の継続的管理により、企業が晒されているリスクを常時確認できます。

操作デモや利用に関するお問い合わせは以下よりご連絡ください

AD特権アカウント管理ソリューションについてEDRソリューションについて