CYCRAFTPRESS RELEASE
PRESS
MRI
INES
2020-10-19

CyCraftと三菱総合研究所、パートナー業務提携を開始

アイネスを含む三社連携で最先端サイバーセキュリティ対策を提供する

株式会社CyCraft Japan(本社:東京都千代⽥区、代表取締役社⻑ 兼 CEO:Benson Wu、以下「CyCraft」)の快進撃が⽌まりません。Interop Tokyo 2020にてBest of Show Awardのグランプリを受賞したこと[1]に続き、株式会社三菱総合研究所(本社:東京都千代⽥区、代表取締役社⻑:森崎孝、以下「三菱総研」)を正規販売店として迎えることを発表しました。三菱総研グループの株式会社アイネス(本社:東京都中央区、代表取締役社⻑:吉村晃⼀、以下「アイネス」)との三社連携で、企業向けAI主導型ソリューション「CyCraft AIR」シリーズを使ったサービスを⽇本国内で展開します。

20201019 ja 00

サイバー攻撃はグローバルレベルで展開しています。拡散されやすいランサムウェアから国レベルの標的型攻撃まで、侵⼊⼿法は多種多様となっています。今までのセキュリティ対策では侵⼊を防⽌することは実質不可能になりました。さらにコロナ災いの影響で、仕事スタイルも⼤幅に変わりました。テレワークにはVPNもしくはリモートデスクトップの運⽤が必須条件となり、攻撃者にとって、攻撃経路の選択肢が増えました。その⼀⽅、企業にとってサイバーセキュリティにかけるコストを増やさなければなりません。偶然にも、この⼀年内防衛に関する企業はすでに5社が標的型攻撃の⽬標となり[2][3][4][5]、中には六ヶ⽉以上をかけ、海外⼦会社を踏み台にして、⽇本にいる本社に侵⼊した案件もあります。サイバーセキュリティ防御⼒が弱い⼦会社で管理者アカウントを乗り取った後、本社に侵⼊して、機密情報を盗みます。このような「静かな戦争」は毎⽇発⽣しています。

CyCraft AIR ⼀部:EDR「Xensor」
CyCraft AIR ⼀部:EDR「Xensor」

CyCraftの主⼒製品である「CyCraft AIR」はアメリカMITRE社のMITRE ATT&CK® フレームワーク評価を受けました。「CyCraft AIR」は業界トップグラスの不審⾏為検知能⼒を持つことが今年四⽉に発表された評価結果により証明されました[6]。CyCraftが独⾃開発した「CyCraft AIR AI エンジン」は万台規模のサイバーセキュリティ状況を⼀気に管理でき、即時アラート通知、相関性解析、攻撃⼿法と経路調査、及び調査後の修復をワンストップで対応ができます。さらに、企業のニーズに応じ、オンプレミスやクラウト、常駐監視型や単発サービス、あらゆる場⾯を柔軟に対応ができます。「CyCraft AIR」は既に⽇本の事件対応運⽤実績があります。AIの運⽤によって、もっと早く、正しく、易く、全⾯的なソリューションで企業のサイバーセキュリティ課題を解消することに繋げます。

CyCraft AIR ⼀部:分析プラットフォーム「CyCarrier」
CyCraft AIR ⼀部:分析プラットフォーム「CyCarrier」

CyCraft Japanのジェームズ・チェンCOOが「三菱総合研究所創業50周年の節⽬に三菱総合研究所をパートナーとして迎えることを⼤変嬉しく存じます。今後は三菱総合研究所および傘下のアイネスと⼀緒にAI主導型サイバーセキュリティ運営プラットフォーム(SecOp)で、より速く速度でインシデント対応できるよう、⽇本企業のサイバーセキュリティ課題を解消していきたいと存じます。」と語りました。

CyCraft Japan COO ジェームズ・チェン ⽒
CyCraft Japan COO ジェームズ・チェン ⽒

三菱総研の岩瀬広常務執⾏役員ビジネス・コンサルティング部⾨⻑は、「サイバーセキュリティの確保は⼤きな経営課題であることは⾔うまでもありませんが、サイバー攻撃はますます⾼度化しており、対処が困難なものになってきています。三菱総研はアイネスと連携してCyCraft AIRを活⽤してセキュリティオペレーションの⽀援サービスを拡充し、お客様のサイバーセキュリティに関するコンサルティングから⽇々のセキュリティオペレーションまでを⼀貫してご⽀援してまいります。」と語りました。

三菱総合研究所 常務執⾏役員ビジネス・コンサルティング部⾨⻑ 岩瀬広 ⽒
三菱総合研究所 常務執⾏役員ビジネス・コンサルティング部⾨⻑ 岩瀬広 ⽒

アイネスの河村弘隆執⾏役員兼ITソリューションズ本部本部⻑が「サイバー攻撃への対策は、今や経営責任の⼀つと考えられています。インシデントによる経営への影響は計り知れず、情報セキュリティへの万全な備えが企業の存続を左右すると⾔っても過⾔ではありません。アイネスはお客様の安⼼と安全の確保のために、AI主導型サイバーセキュリティ⾃動化サービス"CyCraft AIR"をご提供し、お客様の迅速かつ網羅的なインシデント対応をご⽀援いたします。」と語りました 。

株式会社アイネス 執⾏役員兼ITソリューションズ本部本部⻑ 河村弘隆 ⽒
株式会社アイネス 執⾏役員兼ITソリューションズ本部本部⻑ 河村弘隆 ⽒

株式会社三菱総合研究所について

三菱総合研究所は、1970年に三菱創業100周年記念事業として設⽴されました。以来、経済・企業経営から政策・公共・科学技術分野にいたる広い領域で、時代の羅針盤としての役割を担い続けてきました。現在は、調査・研究・政策⽀援などのシンクタンク機能、企業経営戦略サポートなどのコンサルティング機能に加え、ICTソリューションを提供する三菱総研DCSと⼀体的にサービスを提供し、社会とお客様の課題を総合的に解決するシンクタンクグループとして⾼い評価をいただいています。

20201019 ja 06



株式会社アイネスについて

株式会社アイネスは、1964年、協栄⽣命保険株式会社(現:ジブラルタ⽣命保険株式会社)機械計算部⾨より独⽴し、株式会社協栄計算センターとして創業。以来、⼀貫して⼀般企業や地⽅⾃治体の基幹業務に関わる情報システムの開発およびサービスを⼿がけてきました。お客様に安⼼して情報システムをお使いいただけるよう、ITコンサルティングから情報システム・ネットワークの企画・開発、稼働後のシステム監視、運⽤サービス、保守・メンテナンスまで、⼀貫した総合的なサービスをご提供しています。

20201019 ja 07

株式会社CyCraft Japanについて

株式会社CyCraft Japanは台湾に本社を置くAI サイバーセキュリティ業界のリーダーです。最先端のCyCraft AI技術でサイバーセキュリティ⾃動化サービスを提供しています。CyCraft AIRソリューションには次世代アンチウイルスソフト、EDR、及びCTIが搭載されています。SIEMとの連携も可能です。アジアの政府機関、フォーチュン・グローバル500企業、主要銀⾏および⾦融機関、台湾・シンガポール・⽇本・ベトナム・タイをはじめとするAPAC諸国の主要インフラ・航空・通信・ハイテック企業と中⼩企業に、サイバーセキュリティサービスを提供しています。⽇本、シンガポールに拠点を設けており、積極的にグローバルビジネスを展開しています。

20201019 ja 08

出典

[1] CyCraft、Interop Tokyo 2020 BEST OF SHOW AWARD セキュリティ部⾨グランプリ受賞 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000006.000045349.html

[2] https://www.nikkei.com/article/DGXMZO59341910Q0A520C2CR8000/

[3] https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2001/31/news088.html

[4] https://www.nikkei.com/article/DGXMZO55342190W0A200C2CR8000/

[5] https://www.nikkei.com/article/DGXMZO59718450Y0A520C2CC1000/

[6] CyCraft AIRの評価結果詳細はMITRE社のWebサイトにてご確認ください。 https://attackevals.mitre.org/APT29/results/cycraft/

株式会社CyCraft Japanのプレスリリース⼀覧